先手(せんて)と後手(ごて)

金将 : 「王将さま,それでは,また,将棋のお話をします。」

王将 : 「うむ,こんどはどんな話じゃ?」

金将 : 「はじめに,将棋のかんたんなきまり(ルール)をお話しします。

といって,金将は将棋のかんたんなきまりを話しはじめました。

これから,金将が王将に話したことをお話しします。

(01) 将棋は,かならず,交代(こうたい)でします

     はじめにする人のことを,将棋では先手(せんて)といいます。

     そして,あとからする人のことを後手(ごて)といいます。

     先手の人がつづけてしたり,後手の人がつづけてしたりすることは,

     ぜったいにありません。かならず,交代(こうたい)でします。

(02)  先手や後手のきめかたは,ジャンケンで勝った方が先手,負けた方が後手

     後手というようなきめかたをしてもかまいません。

     正式(せいしき)には,歩兵(ふ)を5枚とって,それらを将棋盤

     (しょうぎばん)の上にコロガシ,おもてが3枚だったらコロガシた

     人が先手,うらが3枚でたら相手(あいて)が先手というようなきめかた

     をします。

金将 : 「王将さま,わかっていただけましたか!?」

王将 : 「先手(せんて)と後手(ごて)じゃな。よくわかったぞ!」

【次へ進む】

Powered by Movable Type 3.31-ja Copyright(C) 2006 将棋物語 Allrights reserved.